2回の「ありがとう」があなたの人生を変える

 今回は、まさに人生が変わる話です。

 ポイントは2回の「ありがとうございます」を習慣づけることです。

人生が変わるとは?

 AさんとBさんは、死ぬほどの恋をして、相手に夢中になって、猛アプローチを試みましたが、ダメでした。

 これまで人生で味わったことのない大失恋です。

 Bさんはこの大失恋で、恋愛が怖くなり、以後魅力的な異性が現れても、自分の気持ちを抑えて独りで生きていくことにしました。

 一方Aさんは、数ヶ月間は悲しみから立ち直れませんでしたが、その後、

『もっと魅力的になろう』

と決心し、まだ辛い想いはありましたが、自分磨きや異性に魅力的に思われるための努力をしていきました。

 そして、素敵な異性と巡り会い、

『あぁ、あの大失恋がなければ、自分を魅力的にする努力をすることもなかったし、今の最高のパートナーと一緒になることもなかったんだよな』

と人生を振り返ります。



 また、AさんとBさんは、不動産の賃貸経営に挑戦しますが、騙されて、300万円の損をしてしまいます。

 Bさんは、

「もう2度とビジネスや投資はしない」

と決めました。

 一方、Aさんはこの悔しさをバネに不動産に関する本を10冊買ってきて、少しずつ学んでいきました。
 
 その後失敗も何度もありましたが、10年後には、不動産で累計1億円の利益を得ていました。



 AさんとBさん、どちらの人生が良かったかは分かりません。

 人生に正しい間違っているはないからです。

 ここで言いたいのは、AさんもBさんも同じ出来事を経験したけれど、違う人生を選んで、違うものを手にしたということです。

 そう、あなたが人生を変えるためには、出来事への反応の仕方を変えればいいんです。

生かされたことに「ありがとう」

 まず、辛い出来事や苦しい状況を経験した時、何があっても、まず生かされたなら

「ありがとうございます」

と感謝を口ずさんでみてください。

 あなたがどんな目にあっても、生きているということは、これからたくさんの幸せも経験できるということです。

 明石家さんまさんの座右の銘に「生きてるだけで丸儲け」とありますが、本当にその通り。

 生きているってことは、これからたくさんの喜びや幸せを感じられるってことです。

優秀な脳を最大限に活用

 そしてもう1度、

「ありがとうございます」

と感謝します。

 あなたの脳はとても優秀で、思ったり信じた通りに世界が見えるという習性があります。

 『あぁ最低だ』と思ったりつぶやいたりすると、何が「最低」なのか、あなたの脳はちゃんとあなたに見せます。

失恋した

「やっぱり私は異性から愛されないんだ、最低」

仕事で失敗した

「俺って本当に不器用、なんでいつもこうなんだ、最低だ」

怪我をした

「はぁ、これでしばらくは歩けないし、痛いわ、最低」

というように、ちゃんと最低な現実を連れてきます。



「ありがとうございます」

と笑顔で言ってみてください。

 あなたの脳はちゃんと感謝する理由を見つけてきてくれます。

失恋した

「きっとこの人よりも、私にぴったりの人がいるってことかも。」

仕事で失敗した

「今回のミスを繰り返さないようにすれば、これからもっといい仕事や貢献ができるようになる!」

怪我をした

「みんなが私をいたわってくれたり、大切にしてくれるな」

と感謝できる現実もちゃんと見せてくれます。

 そうすると、この後のあなたの行動が変わるから、人生の結果が変わるんですね。

 もちろん人生だから、そんなに絵に描いたように簡単にいかないこともあるかもしれません。

 でも、辛い時、人生でつまずいた時、落ち込んだ時、
まずは2回の「ありがとうございます」を習慣にしてみてください。

 仏頂面しているよりは、素敵な人生になりそうじゃないですか?

 たった1度の人生、生きてるだけで丸儲け。

 楽しくて幸せな経験をたくさんしていきましょう!