自信がない自分を卒業し、イキイキと生きる方法

自信がない自分を卒業し、イキイキと生きる方法

 なぜ、理想や目標を叶えられる人がいる一方で、多くの人が望み通りの人生を歩めないでいるのか?
不思議に思ったことはありませんか?

 今回は、その答えをお伝えします。

何かをしたいけれど、

『私にはできるはずない』

『俺には出来ないんじゃないか?』

と自分の能力を疑ってしまうことってないですか?

 そして、この声ってやけに理屈っぽいんです。

正論っぽい

『もう年を取りすぎている』

『家庭があるし、好き勝手は出来ない』

『自分には才能がないし・・・』

などなど、色々な正論に聞こえる理屈を囁いてきては、夢や本当にやりたいことを諦めてしまう。

 だから叶わない。

 もし、その夢に向かって、やめずに続けさえすれば実現できていたのに。



 この “自分への疑い” に、どう対処すればいいのか?

 まずは、

  •  目標や夢、理想に向かおうとした時に、この心の声は”必ず出てくる”と知っておく
  • こと。

     これって、もはや人間の本能的なものなので、何か今までと違ったことや大きなことを成し遂げようとした時に、必ず出てくるものと思っておいてください。

    今まで生きてこれたんだから、今まで通りでいれば、これからもとりあえず生きてはいける。

    新しいことをしたら危険かもしれないから、今まで通り無難に生きていこうよ

    と、防衛本能が僕たちを守ろうとしているんですね。

     なので、そのことにはまず感謝してあげる

     そうやって、確かに今まで生きてこれたのだから。

     でも、この本能の声に振り回されていたら、より幸せに生きることや理想の人生を歩むことは出来ない。

     そこでもう1つ覚えておいてほしいのが、

  •  本能の声は真実っぽく「聞こえる」だけで、それは本当は真実ではない
  •  これをもう前提として心に留めておくことが、とても使えるんです。

     そして、本能の声が囁きかけてきたら、考えてはダメです。

    年を取りすぎているじゃないか

    俺はそんな大きな事できる人間じゃない

    失敗したらどうするつもりなんだ

    と本能の声が言ってきた時、それを検討し始めるともうダメです。

     人間は考えれば考えるほど、本能の声に沿った考え方になっていってしまうから。

     だからこその

  •  本能の声は真実っぽく「聞こえる」だけで、それは本当は真実ではない
  •  これを前提として知っていれば、本能の声が聞こえてきた瞬間に

    声が聞こえてきたら・・・

    『あぁまた防衛本能が頑張って、私を引きとめようとしてるんだな』

    『私を守ろうとしてくれてる。ありがとう』

    『でも理屈っぽく聞こえるけど、本当のことではないんだ』

     本能の声が聞こえてきたら、こう機械的に反応できるようにしておくといいです。



    こういう話をすると、

    「でもそれで失敗したら、どうするんですか?」

    とさっそく本能の声に振り回されている人がいるのですが、笑

     人は才能や能力って実はあまり関係なく
    その目標に向かって、やめずに続けさえすれば、大抵のことって成し遂げられるんです。

     なぜか?

     そもそも、絶対に実現できないことは、人はそうしたいと思ったり、夢とか目標にすら考えられないんです。

     逆に言えば、夢や目標、理想としてイメージできたものは、それを思いついた時点で実現する力も備わっているんです。

     あとは、そこに向かって、やめずに着実に歩み続ければいいんです。

     だから、大きな夢であれ、小さな目標であれ、
    それを叶えたり、達成できる人とできない人がいるのは何故なのか

    答えは、もう分かってるんです。

     それは能力とか才能じゃないんです。

    続けたかどうか

    それだけなんです。

     じゃあ、なぜ多くの人が夢を達成できないかって言ったら、やめてしまうからなんです。
    もしくは、そもそも始めすらしないから。

     じゃあ、なぜやめてしまうのかと言うと、

    『自分はできないんじゃないか?』

    という自分への疑い (本能の声) が理屈っぽく聞こえて、それに従うからなんですよ。

     だから、この本能の声を乗り越えることができれば、あなたは何だって出来るんです。



    「そうは言っても、本能の声を乗り越えて、続けたとしても、それでも達成できなかったら、どうするんですか?」

    と相当本能の声が強い人がいるのですが、

     じゃあ仮に万が一、描いた夢や理想、目標を叶えられなかったとしても、
    それに向かって生きた人生の方が、最初から諦めて無難な人生を歩むよりも楽しくて心躍るものだと思いませんか?

     夢に向かって生きるのは楽しいです。毎日がイキイキとします。心がワクワクします。

     それは、夢を実際に達成できたかどうかは別として、そのプロセス自体がかけがえのない素晴らしい人生になる。

     だから、あなたにも、本能の声に人生をコントロールされるのではなく、
    本能の声に感謝しつつもあなたが上手にコントロールしてあげてほしい。

     そして、夢や理想に向かって、青春な人生を歩んでほしいと思います。

     そんなあなたのこれからの人生に役立てたなら嬉しいです!

     今回もありがとうございます!