自分を傷つけてしまう今すぐ捨てるべき習慣

自分を傷つけてしまう今すぐ捨てるべき習慣
 今日は、あなたを不幸にしてしまう今すぐ手放した方がいい習慣についてです。

人生がとても窮屈になってしまう “ある習慣” 、あなたは持ってしまっていませんか・・・

あなたは、

『こんなことしたら、馬鹿にされるんじゃないか?』

『嫌われるんじゃないか?』

と思うことが多いですか?

それとも、

『私がどんなことをしても、人から好意的に扱ってもらえる』

どちらのパターンが多いでしょうか?

 僕は前者のパターンなので、前者の人たちの気持ちがよく理解できます。

 前者の人たちには、後者のように思う人たちがこの世界に存在することが信じられないと思います。

ですが、この世には

『私はみんなから好かれている』

と感じて生きている人もいるんです。

 そんな風に信じて生きられたら、人生をもっと楽に楽しく生きていけると思いませんか?

『人から否定的に思われるかも、、』

といつもビクビクして生きるよりも、

『周りの人から好意的に受け入れられる』

と信じられたら、自由に本当にしたいことをして生きて行ける気がしますよね。



 そこで、何故

『自分はみんなから好かれている』

と信じられる人と

『こんなことしたら、周りから叩かれるんじゃないだろうか?』

と周囲からの否定的な反応を怖れる自分のような人間がいるのか、

その違いは何なのかを考えました。

その結果、面白いことが分かったのです。

 人は、自分が世界を見て感じているように、他の人も感じると思うものです。

よく言いますよね。

「そんな風に思うだなんて、信じられなーい」

「どんな神経してるんだ?」

「○○○だなんて、私だったら考えられない。」

これらの言葉は、人は自分の世界観でしか、ものを見たり感じたりできないということです。

自分以外の世界観の持ち主が存在することは理解できても、

その人の世界観を受け入れることが中々できないのです。

「こんなことしたら、変な目で見られるんじゃないか?」

とつい思ってしまう人には、

「私は誰からも好意的に受け入れられる」

と思って生きている人がいるということを中々信じられません。

『なんでそんな風に思えるの?』

と不思議で仕方ないと思います。



少し人間の特徴が理解できましたか?

そう、人は自分が考えているのと同じように、他の人も考えているだろうと思うものなのです。

 ここで考えてみましょう。

『こんなことしたら、人は私を馬鹿にするんじゃないだろうか?』

 なぜそう思うのでしょうか?

 それは、つまり、自分自身が他人を見るときに、馬鹿にしたり、否定的な目で見ることが多いからではないでしょうか?

他人を見て、

『この人何やってんだろ』

『変な人だな』

『1人だけ変わったことして、変だな』

と人に否定的な評価をする人は、

『他人も私の行動を見て、そういった否定的な目で見ているんだろうなぁ』

と思ってしまうものなのです。

思い出してください。

人は自分が思ったり信じたりしているように、他の人も思っていると思うものだからです。

逆に、

『この人、変わっていて面白い人だな』

『この人ってイケてるな』

『いいところあるよなぁ』

と人の良い部分に目を向けて、肯定的に人を捉えるクセがある人は、

他人も自分のことを見たときに、自分と同じように、

『良い評価をしてくれたり、好意的に受け入れてくれているだろうな』

と信じているのです。

何故、僕は

『こんなことしたら、人から舐められるんじゃないだろうか?』

『馬鹿にされるかな』

とついネガティブに思ってしまうのだろう?と考えたときに、

僕自身が他人を見るときに人に厳しい評価をしたり、蔑むクセがあることに気づいたんです。

英語の言葉で、
You can’t hurt anyone without hurting yourself

自分自身を傷つけずに、他人を傷つけることはできない

 つまり、他人を傷つけるときには、同時に自分を傷つけているよという言葉なのですが、まさにその通りと思いました。

 人を心の内で、蔑んだり、否定的な見方をする癖は、長いこと持ってきたものなので、すぐになくすことは難しいかもしれませんが、

人を好意的な目で見て、肯定的に受け入れていく自分に変えていこうと僕自身も日々意識しています。

人を好意的に暖かく受け入れることが無意識に自然にできるようになったとき、

僕がどんなことをしようと、人は僕を温かく受け入れてくれる

『みんなが僕に好意的だ』

と自然と信じられるようになっている自分がいると思うのです。

いかがだったでしょうか?

人があなたのことをどう思うと感じるかは、
あなた自身が人を見て、評価するときの鏡写しです。

 もし、あなたが内心で人を馬鹿にしたり軽蔑する癖があるとしたら、それは同時にあなた自身を苦しめることにもなります。

自分で自分の首を絞めるなんて、もうやめましょう。

僕自身も人への見方を変えていこうと努力している旅の途中です。

お互いに豊かな人生を歩んでいくために、温かく人を受け入れていきましょう!


『5分で人生が良くなる』短い本 Season1


ただいまプレゼント中!

↓3分で分かるプレゼントの受け取り方↓

メルマガ購読・解除