「継続力」&「行動力」が身につく最高の秘訣

 よく「夢リストを100個書け」みたいのを聞きませんか?

 僕も何度も挑戦しているのですが、なかなか夢が100個も思いつかず、一度も最後までリストが完成したことがありませんでした。

 折に触れてリストを見て、自分が人生で何が欲しいのかを日々忘れずに、生きることが大切ということなのですが、リストが未完成なので、見返すこともありませんでした。

 そして、またしばらくすると、

『もう1度、100の夢リストを書き出そう!』

と思うものの、また100個書ききれず、というのを何度も繰り返していました。



 そこで、一気に100個を書き出そうとするのをやめて、

『こんなことができたらいいな』

『これが欲しいな』

と思いついた時に、メモしておくライトな感じにしました。

『1か月に1個書き加えるくらいのゆっくりペースでもいいや』

というような感じでやっていました。

 昨日も何個か思いついたので、夢リストをメモっていました。ゆっくりペースでやっていたので、個数なんて気にかけていませんでしたが、昨日ふと、今いくつくらいなのかと思い、見てみると、なんと58個になっていました

今までで最高記録だと思います 笑

 今までは3週間放置なんてことは当たり前でしたが、これからはもっと頻繁に、見返したり、新しい夢も付け加えていくようになると直感で感じています。

 やっぱり根性で一気にやるよりも、

ふと気づいたら、こんなところまで来ていたのか

という感覚が最強だなと思いました。

 もうここまで軌道に乗ってしまえば、気づけば夢リストが100個になっていた、200個になっていたなんて思っているよりもすぐだと思います。

 物事はある程度軌道に乗れば、加速力が付いてくるので、その加速地点に至るまでが大切です。

そこに至るまでに、亀のようにゆっくりでもいいから

とにかくやめずに続ける

これが大事です。

 根性と気合いで8時間取りかかるよりも、
亀のようにのろのろでもいいから、5分間をやるのを1年、2年…ととにかくやめずに続けて、

「来た道を振り返ったら、ものすごいところまで来ていた」

というのが、いかにパワフルなものか実感しました。



 だから、何かを一気に気合と根性でやりぬくよりも、

とにかくやめずに飽きずに少しずつでもいいから、継続できる工夫をしましょう!

 秘訣はストレスや負担を感じないほどの小さなステップに分解することです。

 目標や行動が大きすぎると人は億劫で行動できないものです。

 自分の目標があまりにも高いところにあると、そこに到達するのが、とてつもなく途方のないことに見えて、ため息が出ます。



 イメージしてください。

 その高い高い目標を、あなたは見上げています。

 途方もなく遠くに高くにある目標だからあなたは身動きができずにいます。

 しかし、そのはるか遠く高くにある目標から、少しづつ階段が出てきました

 次々に階段が出来てきて、徐々にあなたの方に近づいてきます。

 そして、遂にあなたの足元まで階段がきました

 1段目はとても小さなステップで、あなたは右足を階段の1段目に置いてみました。

 それはそれはとても小さなステップなので、難なく登れました。

 2段目も楽に登れました。

 そして、3段目,4段目と階段を上っていくのです。

 だから物事を成し遂げたり、夢・目標を達成する能力とは、

  •  まず自分が登ることのできる目の前のステップまで、階段を下ろしてくる能力
  • なのです。

     足元まで降りてきた小さなステップであれば僕らはちゃんと登り始めることができるのです。

     今後は、この小さなステップを意識してみてください。

     そして、小さな階段を上って行って、ある日ふと後ろを振り返り、登ってきた階段を見下ろしてみると、

    『え!? いつの間にかにこんなに高いところまで登っていたんだ』

    と驚く時がくるものです。

     遠く高くにある夢・目標は、目の前の足元まで階段を下ろしてくる

    そんなイメージを持って臨んでみてください!

     あなたの目標達成率が飛躍的に高まります。