ダメダメな自分でも優等生に変わる意外な方法

『私って、どうしてこうもダメダメなんだろう』

『なんでいつもこうなんだろう』

と感じて、自己嫌悪。

 そんな風に自分を責めて落ち込んでしまうことってないですか?

 実は、その自分へかける言葉がよくなかったのかも?

 今回は、そんなあなたがもっと自分らしく、イキイキと毎日を楽しめる方法についてお話しします。

『上手くいく人や成功している人って自分にストイックなんだろうなぁ』

ってつい思ってしまいますよね。

 でも、意外に上手くいっている人ほど、自分に甘いことが多いんです。

 自分に甘いというと、語弊があるかもしれません。

上手くいく人

  •  上手くいく人ほど、自分に優しい
  •  何でも上手くいく人は、自分の褒め方をマスターしている
  • んですね。

     日本人って、やっぱり謙虚さを重んじる価値観があるので、とかく自分に厳しいんです。

     何か小さなことが上手くいっても、

    上手くいくと・・・

    『いやこんなの大したことない。』

    『もっと努力しなきゃダメだ』

    と自分に言い聞かせるのに、

    何か小さなミスをした時には、

    上手くいかなかったら・・・

    『あ〜、もうダメダメ』

    『私ってなんでこうなんだろう』

    と自分を責めていませんか?

     脳が苦痛を感じたり、嫌に思うことって続けられないんです。

     なんだか脳がかわいそうになってきましたよね。

     これは自分だけでなく、子どもを育てるときや、部下を教育するとき、
    あらゆる対人関係で当てはまりますが、

     責めたり怒ったりするよりも、褒めて人は成長する

     だから、あなたもこれからは、どんなに小さな成功やちょっとした事でも頻繁に自分を褒めてあげてください。



     千里の道も一歩から。

     どんなに大きなことを成し遂げるのも、また小さな目標でも
    どちらも小さなステップをクリアしていって、一歩一歩階段を登って行ったら、いつかは上まで行けますよね。

     その小さなステップをクリアするたびに、それがどんなに小さなことであれ、

    小さな成功を褒める

    『よくやったよ私!』

    『また目標に1ミリ近づいた!』

    これでいいんです。

     そうすれば嬉しくて『また次のステップもクリアしたい!』って脳が思うんです。

     脳が嬉しいから、脳がまた褒められたいから、褒められる行動をしようと脳が思うんです。

     脳に最高の喜びを与えてあげることがポイントです。

     だから、毎日が楽しくなるし、ステップを登るのも加速するんです。



     そして、もう1つ大事なことが
    何かをしたら、必ず褒めて終わることです。

     例えば、何かにチャレンジして、上手くいかなかったとしても、

    『はぁ上手くいかなかった、、』

    ではなく、

    『チャレンジはしたんだ! よくやったよ』

     周りから見たら、ミス・失敗だったとしも、自分だけはすぐに褒める。

    テレアポをしてるなら、

    『また電話を切られたよ、何度やってもダメだぁ』

    と思えば、仕事が億劫になりますが、

    『上手くいかないパターンが分かった! よく挑戦したよ』

    と、自分を褒めてあげれば、脳は嬉しいわけです。

     結果だけ見ると、上手くいかなかった場合でも、
    自分を褒めてあげられるポイントを見つけ、褒めて終わるようにすれば、
    脳が喜び、また別の方法でチャレンジするのが楽しみになります。



     たとえ、どんなに大きな目標でも、小さなステップを上り続ければ、いつかはたどり着きます。

     だから、大切なのは上り続けること

     どうしたら、上り続けられるのかというと、脳が上ることを喜ぶようにすればいいわけです。

     そのためには、自分に厳しく叱るよりも、小さなことでも頻繁に褒めてあげることです。

     いかがだったでしょうか?

     何となく、自分にストイックに厳しい方が、目標を達成できると考えていませんでしたか?

     これからは、自分に優しく褒めて自分を育ててみてはいかがでしょう?

  •  人、そして自分を伸ばすのは、感謝&褒める